電話番号:072-822-3561

先輩の声
VOICE

先輩の声

気持ち良く仕事ができることが看護につながる

山口 欣也(師長) YAMAGUCHI KINYA 

  • 看護歴11年
  • 2009年入職

29歳で看護師になり、34歳からねや川サナトリウムで働いています。
入職当時はわからないことだらけで不安が大きかったですが、すごく和やかな雰囲気があり、仕事をフォローしてくれる先輩に恵まれ「やっていけそう」と安心したのを覚えています。その時の気持ちを忘れず、管理職として良い職場を提供できるように心がけています。
仕事とプライベート、どちらも大切です。スタッフが気持ち良く仕事が出来ることが患者様への看護にもつながると思います。自分も子育て真っ最中ですがサポート体制とスタッフの協力で気持ち良く働くことができます。
精神科では患者様と向き合う気持ちを大切にしています。安心して地域に帰っていただけるよう、患者様はもちろん家族の方にも十分なサポートができるようスタッフみんなでがんばっています。

私たち、ママさん看護師で~す

ママさん看護師 mamasan kangoshi 

  • 看護歴14~23年
  • 2010~2015年入職

3階病棟は子育て世代のスタッフが男性女性共にたくさん活躍している病棟です。子育てをしていると、するべき仕事が出来ないもどかしい時期が必ずあります。子供の体調不良や家庭の事情で急な早退や定時で仕事を切り上げなくてはいけない事が子育てをしている世代の看護師の悩みです。家の事情で困難な事があれば、いつでも病棟スタッフに助けて貰っているからこそ続けられているのだと実感しています。そんななかでも両立に疲れヘトヘトに…。そんな時には同じような環境で頑張っているスタッフが一緒に働いているので共感、励まし合いながら1日1日を乗り切っています。
自分の生活スタイルに合ったシフトで、残業が殆どなく定時で帰れる勤務体制。有給や看護休暇が使える事の有難さ、仕事を続けたい気持ちをかなえてもらっています。次は自分たちが次世代のパパママ看護師の支援になれればと思っています。
ホスピタルテーマの「いっしょにがんばろうよ」、まさしく私たちの為にあるような言葉です。
(写真左から芦塚NS,前田NS,高松NS,片岡NS、井出NS)

何でも相談でき助け合える笑顔たえない職場

田中 明美 TANAKA AKEMI 

  • 看護歴3年
  • 2014年入職

私がねや川サナトリウムを選んだきっかけはもっと人と深く関わり心に寄り添う看護がしたいと以前から思っていたためです。また病院理念である「いっしょにがんばろうよ」という言葉が素敵だと感じたのも理由の一つです。
入職した頃、右も左もわからず不安が多くありました。しかしここの先輩看護師の方々は優しく、わからない事があれば丁寧に教えてくれます。何でも相談できる環境がここには揃っています。
私は急性期病棟で働いて3年になりますが、日々状態が変化する患者様の看護は難しく、どう看護したらいいのかたびたび悩む事もありますが、まわりにいる看護師の方々が助けてくださっています。ここは一緒に働いているスタッフの人間関係がとても良く、笑いの絶えない職場です。また、ここには何でも協力して支え合う環境が揃っています。役に立てないかもしれませんが、私自身これからも恩返しをしていきたいと思っています。
コミュニケーション方法を考え、自分は患者様にとってどうあるべきなのか考え、また関わらせていただいています。その中で患者様の笑顔が見れたり「ありがとう」という言葉を聞く事に喜びを感じます。私生活でもここで学んだコミュニケーション能力は役に立っていると実感しています。ここで働くことができてステキな看護師の方に出会えて感謝しています。