電話番号:072-822-3561

教育環境
EDUCATION

教育環境

看護は、患者さんの人生を支える大切な仕事です

松浦 啓太(師長) MATSUURA KEITA 

  • 看護歴26年
  • 2004年入職

精神科看護というと何か特別な看護だと思っていませんか。特別な専門技術や最新の医療機器、次々に開発される新薬など、医療がますます高度化・細分化していく現代において、精神科看護は今も昔も全ての看護の基本となる患者様との対人関係にその主軸があります。また、精神科疾患や障害の特性から、精神科看護は治療としても大きな意味を持つという特徴があります。つまり、精神科医療の看護の占める位置は、他の領域より大きいということが言えます。人とじっくり関わりたい、看護師が主体的に関わりたいと考えている方には大変魅力的な職場です。
良い看護のためには、多くの能力【スキル】が必要です。看護技術は実践を通してしっかりと学んでいきましょう。また、コミュニケーション力は、「患者さんの話に耳を傾ける」という精神科看護の基本としてはもちろん、連携しながらケアしていくうえで欠かせない力と言えます。看護は、医療を通じて患者さんの人生を支える大切な仕事。そのためにも多くの能力を身につけるために、「学ぼう」という意欲をバックアップし、看護師としての専門知識や技術を段階的に身につけられる教育プログラムの確立に取り組みたいと思っています。
当院では、今後クリニカルラダーを取り入れる予定で、各個人の目標と成長にあわせたキャリアをサポートし、「こころのケアのエキスパート」の養成を目指しており、認定看護師だけでなく、本人の意欲、やる気次第でキャリアアップ、スキルアップできる機会や資源に恵まれた環境です。